体験12536 延命治療の問題の結論は・・・

donde comprar xenical sin receta. 延命治療の問題は「その時の状況、時勢による」というのが大原則でしょう。軽く答えはだせないはずの問題です。
私たち家族も実際に悩み、苦しみ、結論を出しましたが、そういった問題をプロのいる現場で話し合うというのがひとつの解決策であるとは思います。看取りに関しての考え方を専門家を交えて、家族同士の意見をシェアしておくと、悲しみにぶち当たったときのそれぞれの対応を知ることが出来ます。そこで、相手の行動の意味を理解しながら、看取りが出来るため、相手の立場・考え方を尊重することが出来ます。
(Tさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

体験10563 医師からの質問に絶句

muscle relaxant tablets. 医師から「延命治療をしますかどうか」と問われた時、私はしばらく絶句してしまい、どうしていいのかわからず、お医者様に任せますといってしまった。暗黙の延命治療はしないという意味だった。今思うと、何故あの時、私自身が、すぐに回答してしまったのだろう、何故本人の意思を聞かなかったのだろうかと後悔しきりであります。

体験10562 本人しだい

retino-a johnson . 延命治療したほうがいいかどうかは、生前に本人に聞くべきです。私の場合は聞けなかったため、すごく迷いました。聞きづらいことですが、判断するときはもう聞けないときです。
それよりはマシかな、というのが今思うことです。

体験10560 管でいっぱいの姿は見てられない

母には病名のことは言わなかったので、お医者さんと口裏を合わせ続けました。最初から告知しない事、延命治療はしない事をきめていました。本人無視の決定でしたが、今でもそれは良かった事だとおもっています。本人のタイプによると思いますが。延命治療はしなかったのですが、最後のころには管でいっぱいの姿は見てられませんでした。
yasmin.

体験10554 延命治療。

buy propranolol online no prescription. 祖父が癌で余命宣告された時も祖母が脳出血になった時もどんな形でも生きてて欲しいと思いました。祖母は今も元気に過ごせてますが祖父の癌の痛みに耐える姿を見るとどんな形でもと思うのは私の勝手なのかなと思いました。

体験5554 私の生き方

本人の意向が最も大切だと思いますが、それを決められない場合は、家族とスタッフが話し合いを重ね、今の状態よりも本人が一番元気だった時、輝いていたときのことを思い出し、どんな人生であったか、きっと本人ならばこうして欲しいだろうということも含め考えてもらいたい。
premarin buy.

体験5010 医療について

buy methotrexate 2 5 mg no rx overnight. 入院していたときにいろんな患者さんをみました。もうがんの末期で死が近いんだろうなというかたに先生はいろんな点滴をして、シャンデリア状態でした。患者が痛いと言うと痛み止めは使ってくれていましたが、完全に痛みは取れないと言っていました。私の友人はがんで亡くなりましたが、本人の希望でホスピスに入院され、訪ねると私を認識できませんでしたが痛み止めで苦痛は抑えられえており、家族と徐々に友人が亡くなることを受け入れられました。一分でも一秒でも生きて欲しい家族の気持ちも分かりますが、とにかく苦痛をできる限り少なく過ごせるよう医師にも検査や治療を考えて欲しいなと思いました。

体験4735 義父の最後

義父は、肺を患い、最後は酸素マスクをしても苦しそうでした。意識が薄れてきたとき、担当医が「意識が少しずつ薄くなってきてますが、大きな声で起こすと、一時の間は意識はもどりますが、その間、本人は酸素マスクはしてても息がしづらくて、苦しいだけですよ」といわれました私と主人は、声もかけずにただ見守るだけでした。早く楽にしてあげたい気持ちとの葛藤でした延命治療をすべて否定はしませんが、あまり賛成しません
amitriptyline without prescritions.

体験4612 つらい選択

母が一時、心停止になり、最後、自発的に呼吸ができなくなり、機械を装着して呼吸をしていました。心臓が悪いため、どのみち長くは持たないということで、送る酸素量を調整しながら無理な延命治療はしないということで医師と話をしました。意識もなく、無理矢理、生かされているという状態を見ているだけでつらくなりました。結果的には、酸素量の調整をする前に心臓の機能が停止してしまい、亡くなりました。子供として、親の命をこの手に握っているような感覚に囚われて、とてもつらかったです。
z pack antibiotic online.

体験4320 終末期医療

妻の義叔父がそうでした。お医者さんも処置のしようがない、家族の判断ですと言われ、悩みました。だらだらと答えの出ないまま日々が過ぎましたが、最後は義叔父が、『もう苦しいから楽にさせてほしい』といった答えでみんなの答えとなりました。でも辛かったです。いまだにそれでよかったのかと思います。
mail online wellbutrin.

体験4241 末期ガンの父

父は末期のガンでした。私たち家族としては放射線等の延命措置など出来ることは何でもやってみるべきと当初は思っていました。それによって父に辛く寂しい入院生活を強いてしまいました。家族と過ごす残されたわずかな時間を病院で過ごさせてしまったのです。幸い、父が亡くなる1週間前に私たちは間違えに気付き、即退院、父の希望通り、畳の上で死なせてあげることが出来ました。やはり終末期医療は本人の意志を尊重すべきだと思います。そうしなければ大きな後悔の念が残ってしまうはずです。
24 candian parmcy.

体験3800 実の父が4年間病院にいました。

私の実家の父が4年間たまに家に帰る程度で病院を転々としました。だんだん弱っていくのを見ながら何とかできないものかと思いました。でも2年ぐらい1度も歩いていないので病気が良くなっても、もう歩くことはできないのかと暗然たる思いでした。体のいろいろなところに管が入り、少しずつ弱っていく姿を見るのはつらかったです。でも、家族からすれば少しでも長生きして欲しいという気持ちでいっぱいでした。テレビで延命治療打ち切った、というニュースを聞きそれもあるのかなとは思いますが、あのときの私にはできなかった選択です。
imetrex without prescrition.

体験3326 延命治療をしたい

best india no perscription pharacy. 主人の母が95歳で入院した時、本人は延命治療をしてくれといっていました。でも、そのために大好きな食べ物が食べれない、それを食べると生命の保証はしないと先生に言われ点滴だけで生きていてしあわせなのだろうか?本人も大好きなものが食べたいのに何で食べさせてくれないんだーと泣く、結局私たちは本人が食べたい物を食べるのが幸せだと思いそうしました。

体験2770 元気なときから家族で話し合う

free viagra for women. 終末期医療に関しては判断が非常に難しいと思います。
しかし、何時も元気なときから家族でスパゲッチー症候群はしないでくれとか話し合いをしておくことが大事だと思います。なかなか出来ないことですが・・・。

体験2256 ホスピスをすすめられたが・・

estrogen pill for sale . 先日ホスピスをすすめられました。看護婦さんは病院ではイベントもないからホスピスにいって楽しい余生を過ごすのもひとつですよと。しかし夫は病院を選択しました。ほとんど寝たきりだからなのか。私の親がもしそうなったらホスピスへ入れようと思ってます。用はいかに苦しまず死んでいけたらいいのではないでしょうか。

体験2032 C型肝炎から肝臓がんの中で延命治療はやめた

canada xanax. C型肝炎から肝臓がんになり腹水の苦しさと闘って、最後はがんが破裂して意識を失いました。医者は心拍数が下がっていく中「心臓マッサージはしませんがいいですか?」と聞かれましたが、家族皆一生懸命頑張ってきた母をこれ以上苦しめたくない思いで、延命治療を避けました。最後半年は抗がん剤も何もできない状態でした。長い入院生活がいやで、最後の1月半は家に帰ってこられたのがうれしかったようです。

体験1842 延命治療はかわいそうです。

vente cialis. 意識もなく、首に穴を開け、管につながれたまま、何年も何年も、発達した医療のおかげで生き延びることは、本人にとっては嬉しいことではないと思います。私の祖母は元気なときに言っていました。「死ぬときはぽっくり逝きたい。」結局祖母は3年の間、家族の介護や施設の介護や病院での入院を繰り返していましたが、辛そうで無気力でした。痛みも感じずに、寝たきりにもならずにぽっくり逝きたいという祖母の言葉は、私の中で強く心に残っています。

体験235 延命治療への私の考え

もともとに仕事柄、終末期医療や延命治療にたちあったことがあります。その経験からこのように思います。『私、そろそろ参ります。』と言って、少しだけ笑んだ顔で最後を迎えられるよう、家族のコミュニケーションや支え、また介護や医療チームの十分なサポートが大切だと思います。
buying prednisolone uk.