体験10560 管でいっぱいの姿は見てられない - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験10560 管でいっぱいの姿は見てられない

2008年12月09日14時31分

ソーシャルブックマーク

印刷 

母には病名のことは言わなかったので、お医者さんと口裏を合わせ続けました。最初から告知しない事、延命治療はしない事をきめていました。本人無視の決定でしたが、今でもそれは良かった事だとおもっています。本人のタイプによると思いますが。延命治療はしなかったのですが、最後のころには管でいっぱいの姿は見てられませんでした。

PRエリア