体験5010 医療について - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験5010 医療について

2008年12月09日14時31分

ソーシャルブックマーク

印刷 

入院していたときにいろんな患者さんをみました。もうがんの末期で死が近いんだろうなというかたに先生はいろんな点滴をして、シャンデリア状態でした。患者が痛いと言うと痛み止めは使ってくれていましたが、完全に痛みは取れないと言っていました。私の友人はがんで亡くなりましたが、本人の希望でホスピスに入院され、訪ねると私を認識できませんでしたが痛み止めで苦痛は抑えられえており、家族と徐々に友人が亡くなることを受け入れられました。一分でも一秒でも生きて欲しい家族の気持ちも分かりますが、とにかく苦痛をできる限り少なく過ごせるよう医師にも検査や治療を考えて欲しいなと思いました。

PRエリア