体験3800 実の父が4年間病院にいました。 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験3800 実の父が4年間病院にいました。

2008年12月09日14時31分

ソーシャルブックマーク

印刷 

私の実家の父が4年間たまに家に帰る程度で病院を転々としました。だんだん弱っていくのを見ながら何とかできないものかと思いました。でも2年ぐらい1度も歩いていないので病気が良くなっても、もう歩くことはできないのかと暗然たる思いでした。体のいろいろなところに管が入り、少しずつ弱っていく姿を見るのはつらかったです。でも、家族からすれば少しでも長生きして欲しいという気持ちでいっぱいでした。テレビで延命治療打ち切った、というニュースを聞きそれもあるのかなとは思いますが、あのときの私にはできなかった選択です。

PRエリア