体験4612 つらい選択 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験4612 つらい選択

2008年12月09日14時31分

ソーシャルブックマーク

印刷 

母が一時、心停止になり、最後、自発的に呼吸ができなくなり、機械を装着して呼吸をしていました。心臓が悪いため、どのみち長くは持たないということで、送る酸素量を調整しながら無理な延命治療はしないということで医師と話をしました。意識もなく、無理矢理、生かされているという状態を見ているだけでつらくなりました。結果的には、酸素量の調整をする前に心臓の機能が停止してしまい、亡くなりました。子供として、親の命をこの手に握っているような感覚に囚われて、とてもつらかったです。

PRエリア