体験10916 遠く離れた両親の介護 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験10916 遠く離れた両親の介護

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

75歳を過ぎてから東京から生まれ育った東北の田舎に突然両親が移住した時は、病気になったらどうするの?と何度か意見をしましたが聞き入れてもらえず、それから3年後に母親が、6年後に父親が亡くなりました。二人とも癌でしたので宣告されて半年の命でした。私も兄弟も仕事をしておりましたので毎週交代で遠距離介護、どちらの場合も病名は知らせませんでしたので、たいした事ない顔をしての介護は少し辛かったですね。

車の運転が出来ないので田舎での移動も大変でした。幸い親戚も良い人ばかりで大助かりでしたが、終わってゆっくり考えてみますと仕事を止めて完全に介護をしたほうが良かったかなあと悔やんでみたりしてしまいました。しかし、それも半年と言う短い期間だったからだと、看護婦をしている親戚に言われ納得したものです。
(Sさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア