体験11516 アルツハイマーの母 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11516 アルツハイマーの母

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

別の病気で入院した母が、アルツハイマーの末期と診断され、一時は療養型の病院に転院したのですが、金銭的に長期間の入院をすることが出来ず、結局、自宅での療養をすることになり、毎日、ヘルパーさん、看護士さん、先生が入れ替わり、来て、母の面倒を見てもらえて、大変たすかりましたが、具合が悪くなると、急遽、再入院と、自宅と病院の往復を繰り返すことになり、最後は、病院を、半ば、強制的な退院されられた4日後に、母は亡くなりました。つくづく、病院の事務的な対応には失望させられました。
(Rさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア