体験11549 初期の認知症 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11549 初期の認知症

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

同居している義母は軽い認知症で、週に4回デイサービスに通っています。昨年心臓のカテーテル治療をしてからいわゆる「ボケ」が始まり、2〜30年以上前のことは正確に覚えているのに、ごく最近のことや薬を飲んだことさえ忘れてしまいます。朝は入れ歯をして食卓に来ることを習慣にしていますが、毎朝「入れ歯がどこかに行ってしまった」と言って部屋中探しています。置く所を決めてあげているのにそこに置かず、ティッシュにくるんでベッドの中に入れたり、椅子に置いてあったりで毎朝探し物から1日が始まります。デイサービスから帰ってきて「今日のお昼は何だったの?」と聞いても「さあ?」という始末。これから段々ボケが進行したらどうしようかと心配している毎日です。
(Yさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア