体験11562 認知症の母 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11562 認知症の母

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

くも膜下出血の手術の為、母が認知症になりました。幸い命は助かりましたが、自分の行動の判断ができず、散歩に出ると近所の家に勝手に入り込んだり、農作物や生花を取ってきたりします。昼間は父も自宅にいるのですが足腰が母に及ばず、母の徘徊の日々でした。今は近所の民生委員さんの勧めでデイサービスに通い家族も安心して仕事に行けますが、足腰も(並外れて)丈夫で、目も耳も不自由でないと介護認定をとり施設に入所させるのはとても難しいです。それが目下の一番の悩みの種です。
(Nさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア