体験11596 父親の介護 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11596 父親の介護

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

脳梗塞で倒れた父をしばらく介護していた経験があります。当時、母は既に亡くなっており弟は家を出て離れて住んでいました。私も近所ではありましたが実家からは出ていました。仕事もしていたので昼間はヘルパーさんに身の回りのことをお願いし、夜は私が見ていました。一番困ったことはそれまで何とか自力で動けていた父親でしたが急に動けなくなり歩行も困難になった時です。バリヤフリーでない自宅で1時間おきに父親をトイレに連れて行くのは大変なことでした。1週間頑張ったのですがさすがに私も体力の限界に達し、かかりつけの病院で入院してもらいました。しかし、そこで二度目の脳梗塞を起こしてしまい結局そのまま亡くなってしまいました。その時近くに相談できる身内がいなかったので私ひとりの判断で行ったのですが、後になって親戚からあんなに元気だったのに急になくなるなんておかしい…等と非難を浴びたのにはショックでした。もしかしたら、もう少し家で頑張れたかも…とか色々考えてしまい、今でも申し訳ない気持ちでいっぱいです。
(Sさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア