体験11597 認知症の父 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11597 認知症の父

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

最初、父の頭が壊れていく恐怖でほんとうにこわかったです。昨日覚えていたことをきょうは忘れている。「どうして?どうして?」「しっかりしてよ。」と声を荒げたこともありますが、いまではそのまま今の父を受け入れることができるようになりました。そしたら父の表情も温和になり。週の3回デイサービスにも嫌がらないで通っています。このままの状態が続くように願っているこのごろです。
(Wさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア