体験11598 認知症の父 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11598 認知症の父

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

11年前に認知症の父の介護を4年しました。最初は物忘れや幻覚だけでしたが、銀行員を泥棒扱いにして銀行にたびたび抗議に行くので困りました。兄がいましたが、認知症とわかると絶対面倒を見ないから頼みに来るなと言われて私一人で身の回りの世話をしました。いよいよ悪くなって施設に入れることが出来たら、兄は父の財産を見せろといって全部メモッていきました。それから数日後に、家に乗り込んできて私の住んでいる家(父名義)を半分に切り刻んで持っていくからなとか、暴力的な言葉を言ってきたので怖くて、警察に電話しました。これは私が裁判所に後見人の申請をしたからです。また病院では待ち伏せをして突然殴りかかってきたこともありました。私は毎日2回介護のために病院通いしますが、兄嫁は週1回来て洗濯物も洗いませんでした。父の死後、お金は私より多くとって、さらに墓の名義や仏壇までもっていってしまいました。父は生前兄を勘当したこともあり財産はやらないといっていましたが遺言書がないので裁判所では権利分渡すことになってしまいました。
(Eさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア