体験11656 義理の曽祖父を介護していた - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11656 義理の曽祖父を介護していた

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

今はなくなったが、介護をしていたころのこと。認知しょうがあったが、実の子がたずねてくると、しっかりしている。お土産の食べ物をたくさん食べ、みんなが帰った後おなかを壊す。頑固な便秘になったときやむを得ず指を入れて弁を出したが、。痛いことをされたとうらまれた。お金を取ったとも言われた。よくありがちなことなので気にしないようにしていた。
(Hさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア