体験11685 高齢の実家の父母の介護で姉との仲が・・・ - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11685 高齢の実家の父母の介護で姉との仲が・・・

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

【内容】現在95歳の父が去年の2月頃から、歩行困難となりました。病院受診など歩けない父の介護は大変で、幾つかの病院の診察を受けて、去年の4月に介護施設に入所しましたが、本人は納得がいかず、振り回される毎日でした。施設の人ともうまくやってくれず、今年の6月には退所を余儀なくされました。母も87歳の高齢で病院に通わなくてはならず、また介護認定を多々受けなければならないので、2人だけの姉妹の私たちの仲は、段々険悪になっていきました。「いつも私ばかり・・・」お互いにそんな気持ちばかりで、歩み寄る余裕は最近までありませんでした。父も母も高年齢で認知症の症状もあり、その対応もまた姉と私を振り回す原因でした。施設を退所させられた後、家で何とか2人で暮らしてくれていましたが、老夫婦の喧嘩は絶えず、本当に心休まらない状態でした。そんな時10月に父が大腿骨骨折で急遽入院、手術となり、私たち姉妹はまたその対応に追われています。母の通院もあり、限界です。段々心がすさんでいくのが解ります。もちろん介護認定を受け、ヘルパーさんにも来て頂いています。でも法律の壁は厚く、業務内容には制限があります。やっと最近、リハの施設が決まりそうです。出来る限り面倒を見たいのですが、心も体も限界です。特に心は一生懸命見られない罪悪感でいっぱいです。姉との仲もしっくいかないし、夫ともあまりいい状態ではないです。もちろん夫の母も82歳の高齢で介護を必要としています。まだまだ続く介護の状態です。
(Mさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア