体験11705 アルツハイマーの亡父 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11705 アルツハイマーの亡父

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

別に暮らしていた実の両親を、父のアルツハイマーのために引き取り同居しました。穏やかな父で、夜の徘徊はありませんでしたが、ある日一晩中帰ってこなくて、翌日の午前10時頃雨に打たれて返ってきました。軽い肺炎になって入院しました。母の負担が大きくなったので、老人ホームに入居し1年後亡くなりました。まだ介護保険制度がスタートしていなくて、月に50万円近くかかりました。
(Kさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア