体験11713 ごめんなさい - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11713 ごめんなさい

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

夫には2人の母が居ます。生みの母と育ての母です。生みの母とは3歳の時に両親の離婚で離れ離れになりましたが、生母の弟(叔父さん)の力添えで、月一くらいのペースで、行き来した関係でした。継母には、実の子が3人(夫の弟妹)居ます。生母が、晩年入退院を繰り返すようになりその都度。お世話をしてましたが。とうとう、脳出血で入院したのを機に一緒に暮らすようになりました。それからが、大変でした。家に来たその日から、入院したい施設に入りたいと言いっぱなし。凄く気に病むタイプの人で、大らかに甘える事が出来なかったのでしょう。日に日に内に篭るようになりとうとう病院で貰った導眠剤を貯めて、それを服用して自殺未遂を起こしてしまいました。やむなく、叔父に頼んで施設に入れるようになりました。それで安心したかと思ったら、今度はすこしづつ認知症の症状が出始めたのです。施設でも、頑固さが災いして、出される事も有りました。今思えば、我家に居た時、私が構いすぎたんです。自分で出来るような事でもツイツイ手を出していました。それが認知症を助長させてしまったのだと後悔しています。
(Sさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア