体験11741 認知症の姑 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11741 認知症の姑

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

認知症の姑と一緒に住んでいた。主人は単身赴任で自分ひとりでみていた。 同じものをいくつも買ってくる。今、したことをすぐ忘れる。同じことを何度も言う。昼と夜を間違えることもあった。季節がわからなくなり、寒くなってきても、夏物を着たりしていた。でも、私の言うことはよく聞いてくれた。
(Wさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア