体験11761 夜中に - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11761 夜中に

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

階下で寝ている祖母のために何かあったら困るので呼び出しベルをつけたところ夜中に何度もベルがなるようになりましたトイレに行くのでついて来て欲しいというだけならいいのですが、本当は自分でできること(例えば布団をかけてとか)ベルは祖母の所へ行くまで何度もなり続けるようになり、睡眠不足もピークに達してベルを外すことにしましたが、それでも深夜の助けてとか呼ぶ声はエスカレートしていき、ようやく介護施設に入所できて、睡眠不足から解放されました。認知が進むと昼夜逆転が常態化して夜は起き、昼は眠るようになるので、家族はたまったものではありません。
(Kさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア