体験11768 責任者 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11768 責任者

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

昨年亡くなりましたが、舅が認知症でした脳梗塞で入院中に認知症になったのですが、いかにこの社会がお年寄りや弱者に厳しいのかがよく解りました私の主人が一人息子だったのですが、7年前に他界し、3年前に姑が他界、そして舅と亡くなりました本当に不思議だったのは銀行、役所、すべての公共の場で私は他人扱いなのにすべての責任を押し付けられた事です母子家庭なのに、病院からは毎日のように呼び出され、退院を迫られ、仕事を辞めざるを得なくなりました親戚も甥や姪くらいしかいなく、当然のように私が面倒をみるように言われ、覚悟を決めて一端介護施設に入居後、同居を考えましたでも、当然のことながら私には何の権限もありません。もちろん本来なら義務も病院からは早く介護施設に移動できないのであれば舅を今すぐに自宅に置きに行く(舅が独りで住んでいた家に)と脅された事もあります認知症の確定で一番重いと判断された人間に成年後見人になろうと戸籍を取ったところ、舅には婚外子がいることがわかりました聞くに聞けなかったのですが、どうしようもなく舅の甥に聞いたところ”知っていた”そうです知っていて黙って私に全ての責任を押し付けていたのです存在を無視することは出来ないので電話したところ「関係ない!遺産も何もいらない!非常識だ!」と怒鳴りつけられましたでも、亡くなった後、しっかり遺産分割を要求してきました先日、やっと家庭裁判所で調停がついたところですでも、すべての手続きを私にさせて、お金だけをもらうような形でです繋がりを認めたのですがから、常識のある人間としてお墓参りくらいはすべきではと思いますが、そんな気もないでしょう親戚の甥・姪の方たちは一切何も言ってきません葬式にも来なかったのですから・・・他人の私は自分の親が亡くなった時より大変でしたこんなことなら、誰かと再婚でもしてしまっておけば良かったかもと思ったりもしますでも、主人の親で、うちの子供たちの祖父母ですそう思ってやってきた私がただのバカだったとあきらめています婚外子の方のように狡猾にうまく世渡りをすべきなのでしょうがこういう性格なのでだけど、子どもたちには私のような生き方は絶対にしてほしくないと思ってます。いいお勉強になりました。
(Oさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア