体験11778 施設に預けた時 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11778 施設に預けた時

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

祖母が認知症で私と母とで介護しておりました。はじめは自宅で介護するだけの時間や余裕がなく、施設に2〜3年お願いして預けていました。その間、日を空けずに「迎えに来てくれ」と電話があり困ってしまったこともあります。また、お茶とタバコが大好きだったためになかなか手放すことができず、夜中でも施設内を無理をして歩いたりと、施設の方々には大層ご迷惑をおかけしました。祖母の認知症はだんだんと酷くなり、終いには私たちのことも見分けがつかなくなってきたこともあり、やはり家で面倒を看ようということで長期入所は止めました。家で面倒を看るようになってからは、家族の声掛けでだいぶ頭もすっきりして認証できることが多くなった分、一人では生活できない祖母を時々ショートステイさせることは精神的に大変でした。かわいそうなこともしましたが、眠るようにゆっくりと亡くなったことで、私たちには悔いは残りませんでした。
(Fさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア