体験11790 母と二人になり - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11790 母と二人になり

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

父親は、脳梗塞で寝たきりいなり、家族が介護をしていましたが、たまたま、私しかいなく、おしめの交換をしましたが、父は、泣き出してしまいました。息子に、下の処理をされるのは、プライドが許さなかったのでしょうか?その後、父も弟も亡くなり、母と二人きりの生活になり、母の足も弱くなり、出かける時は車椅子を使うようになりました。食事の支度等、家庭内の個とは、私がする様になり、味噌汁を腕で引っ掛けて、こぼす事が毎回で、怒鳴ってしまう事が多くなりました。その後、母もお風呂で、溺れてしまい、亡くなりました。事故検死が行われ、胃に穴が開いていて、その出血のせいで、のぼせてしまったのではないかと言う事でした。医者からの説明で、ストレスのせいで、開く事があるそうです。何があっても、優しく接して、目を離さない事が鉄則だと思います。
(Oさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア