体験11806 悔いなし - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11806 悔いなし

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

母方の祖母の介護をするために、ベッドやトイレなどを購入し、毎日介護をしていたのは私と母。父は祖母に優しく、介護はしないまでもいつも気にかけていました。母は10人キョウダイだったので、その中で数人の家を順に回りながらの介護だったため、介護の負担はそれほどでもなく、逆に泊まりに来てくれている・・・という楽しい物でした。祖母も母もお互いに悔いのない日々を過ごすことが出来たと思います。介護は自分だけではなく、周囲の協力があってこそ成り立つものなのだと実感しました。
(Uさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア