体験11814 認知症の父 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11814 認知症の父

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

現在母と父の二人暮らしです。精神病院の診療内科に通っています。徐々に病気の進行が進んでいて車椅子生活です。子供、孫の顔 名前は徐々に忘れ、今は全て忘れています。昔の自分の仕事だけは覚えていて、仕事に行ける体では無いのに仕事に行くと言うだいています。また、親は、いつ帰ってくるとか聞かれています。夜中 起きて急に叫んだり、幻覚を見る様になっています。身体障害者用ベッドからしょっちゅう滑り落ちています。足腰が弱く、家の中ですぐに転倒します。大人用紙おむつを2枚履かせておりますが、お漏らしをしょっちゅうして零すので、後始末が大変です。現在、介護施設に週4日通わせていますが、母がノイローゼになっているので入居させる事を検討中です。
(Rさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア