体験11820 自分の母 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11820 自分の母

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

風邪がもとで寝たきりになった母を少しの間だけ介護のようなことをしたことがあります。トイレにも一人でいけず、食事も出来ず、薬を飲み込むことも難しくなってきていました。そのころ、まだ2歳の子供がいたので、申し訳なく思いましたが、嫌がっていた母におむつをしてもらいました。その時に風邪で通っていた医院の先生に往診を頼みましたが断られ、薬だけをいただきに行きました。結局、薬を飲んでいるつもりがほとんで飲めていなかったためあまり効いていなかったようです。それだけが原因ではありませんが、その後、亡くなりました。あの時に、診てもらえていたらと悔しい気持ちでいっぱいです。介護をする側には、正しい知識と気分転換の場所が必要だと思います。自宅で少しの間でしたが、すごく長い期間に感じました。
(Yさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア