体験11830 認知症の母 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11830 認知症の母

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

隣の家に住んでいる認知症の母、出来ていないことを指摘されるとその場を取り繕おうとして辻褄の合わないことを言い出します。こちらはその気はないのですが、責められると思うのでしょう。次から次へと辻褄の合わない嘘をつきます。そのうちどれが本当かわからなくなり、自分でもパニックになってしまいます。そのうちこびとが現れて、すべてがこびとのせいになってしまいます。困ったものです。
(Mさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア