体験11839 徘徊 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11839 徘徊

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

義父が認知症で、足もおぼつかないのですが、夜になると目がさえてしまうらしく、15分おきくらいにトイレに通っています。そのうち朝刊が来ないかと暗いうちから何度も外の郵便受けに見に行くので、玄関をあけたり閉めたり・・・。足元がふらつくので、よく転んで額を怪我したり・・。家族は毎晩熟睡できず、困っています。昼間近所に買い物に行くといって出かけたまま、暗くなるまで帰ってこなくて大騒ぎになったことも・・・。
(Tさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア