体験11859 ヘルパーまかせで独居を強いられている姑 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験11859 ヘルパーまかせで独居を強いられている姑

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

姑は3年前に脳溢血で倒れ、右半身不随。現在、ヘルパーさんに日に3度通ってもらいながら独居しています。隣の駅には長男夫婦が住んでいます。倒れる10年前から同居する予定で、家も改築するべく設計図までひいていたのに、倒れてからはろくに見舞いも来ません。次男夫婦は3つ向こうの駅近くに住んでいますが、こちらもあまり来ません。3男である夫はまめに通っているふうに見えますが、私が同居するべきでは、と勧めても面倒臭いといやがります。ヘルパーさんが夜8時に帰った後、朝の9時まで姑は一人。その間に何かあったら、右半身不随で電話さえかけられない状態です。私は他人なので口出しも出来ませんが、息子3人の常識を疑います。ちなみに姑は資産家なので、介護施設に入居させることもできるのですが、なぜか遅々として施設選びが進みません。姑が過去に息子達を虐待等していて、それで息子達が無関心、冷遇しているのかというとそうではなく、姑は非常に賢夫人、孟母のようだったようです。恩知らずの息子達にバチが当たればいいと心から思います。
(Fさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア