体験12324 介護者の - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験12324 介護者の

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

一緒に住んでいる姑ですが、20年前脳出血で半身不随になって以来 義父が一人で、15年前に嫁いでからは私も手伝う程度に介護をしてきました。でも5年前、義父も体を悪くしてから 私が全部 義母の介護をしています。意識ははっきりしていて言葉が話せない義母は、おむつ(パッド)を替えてほしいときや、用事がある時は杖やリモコンを叩いて私を呼んできます。今、おむつ(パッド)を替えたばかりでも、ほんの少し尿が出ればドンドンと大きな音で呼びます。忙しなく、一時間に多ければ5〜7回も替えたりしていました。本当に頭がおかしくなりそうで怒鳴ってしまったことも何度もあります。でも本人にしてみれば世話してもらうのは 当たり前みたいな顔をしてるし、義母の「ありがとう」の一言がもしあれば この時の私の義母に対する気持ちも違っていたかもしれません。今年に入って、反対側の血管も切れてしまい全身不随になってしまった義母は、前みたいに私を呼ぶ事も尿がでたこともわからないようになってしまいました。今そんな義母をみてると(私がしてあげなければ・・)と思えるようになっている自分がいて安心しているところもあるけど、怒鳴っていたあの頃の自分がとても恐く感じてしまうこともあります。
(Oさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア