体験12326 両親の介護 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験12326 両親の介護

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

実の父母の介護を同時期にしていたことがありますもともとは骨粗しょう症・背骨圧迫骨折・難聴で1人では動けない母の介護を父と二人で行なっていましたが、父が胃がんになり父の介護もしなければならなくなりました何より大変だったのは母のヤキモチでした今までのように自分中心といかなくなったことで、最初は父に対して怒鳴ったり、物にあたったりしていましたが、だんだん泣き出すようになり食が細くなり、うつ状態に入っていきましたそんな母を見て、術後安静が必要なのに無理をしてしまった父は腸の癒着を起こし再手術に父の入院中も母私が病院へ行くのを嫌がって泣いてばかりで、自分の髪をむしったり、腕をかんだりして私の気をひこうと奇行を繰り返す毎日でした今は父がある程度元気になったので、母中心にことが運ぶようになり落ち着いてきましたが、父も80歳、この先また両親とも介護状態になる可能性も高く不安ですただ、元来どうにかなるとあまり深く考えない性格の私なので先のことを心配するより今何が出来るかを考えようと思ってます
(Mさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア