体験12345 父親の介護 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験12345 父親の介護

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

実家とは車で5分ほどのところで別所帯で私の扶養家族になっていました。母親が先になくなり、父親が一人になったので、週に3日ほど私が泊まりに行き、私の家内が食事の世話をしに通っていたのですが、至って健康だったので元気に暮らしていました。しかし3年ほど前に家の外で転倒して大腿部を骨折して3ヶ月ほど入院し、それ以降歩行が困難になり、介護保険の認定を受けて在宅介護のサービスを受け、ヘルパーさんの派遣をしていただいていたのですが、2年ほど前にケアマネージャーの方からグループホームへの入所を進められてすぐ近くのホームに入所することになりました。父親自身も入所に積極的だったので、すぐに慣れて私と家内が3日に一度ずつ通っていました。昨年の暮れになくなったのですが、ホームの方に本当に良くしていただき、感謝しています。
(Yさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア