体験12346 認知症の祖父 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験12346 認知症の祖父

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

私の家には認知症のおじいちゃんがいて在宅介護をしていました。徘徊はなかったものの夜中に車が動かなくなったとベットを車と思い込み動かそうとし、自分ひとりでできないと家族を起こしにきたりしていました。ある日は、洋式トイレをお風呂と思い込み裸になりトイレの水をかけ「冷たいがー」と起こったり私たちには考えられない行動をしていました。今はなくなってしまいましたが、介護は大変でしたが毎日、おじいちゃんのとんでもない行動にみな笑わされ楽しく介護ができいい思い出です。
(Uさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア