体験12353 虐待の疑いを掛けられる - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

体験12353 虐待の疑いを掛けられる

2008年12月09日00時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

寝たきりの祖母が、投薬のせいですぐにアザが出来る体質でした。自分でベッドの手すりに足をぶつけたせいなのですが、デイサービスに行く度に虐められていると嘘をついていました。民政員の人が家に訪問し、家族を悪者のように見て、祖母に虐められていないかと囁いているのを聞き、非常に腹が立ちました。母とともに祖母を見ていたのですが、母の方が祖母に殴られたりつねられたりし、言葉の暴力を受け、反対に虐待を受けていた方です。アザの事も薬の事も虚言癖も最初から言ってあったのですが、こちらの注意事項はすぐに忘れ、小さな事でも大騒ぎでした。諸事情は理解出来ますが、一人でサービスを利用しているわけではないので、きちんと家族とのコミュニケーションを取って欲しいと思います。
(Eさん)
*このコンテンツはユーザーからの投稿を元に、優れた内容のもののみを掲載しています。

Comments are closed.

PRエリア