【書評76】かいごの学校2006年8月号 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

【書評76】かいごの学校2006年8月号

2008年12月14日02時22分

ソーシャルブックマーク

印刷 

かいごの学校 2006年 08月号 [雑誌]
かいごの学校 2006年 08月号 [雑誌]
日本医療企画 2006-07-15
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「料理」「身じまい」「住まい」「認知症とおつきあい」の4部門に分けた上で、100のアイディアを紹介してくれる。例えば、少し例示すると以下のようなアイディア。
料理部門
・ガラスの器
ガラスの器を導入すれば、ランチョマットを変えることで気分を変えることが出来る。
・とろみワイン
ワインにもとろみ剤を入れて、飲み込みが心配なお年寄りも一緒に乾杯!
身じまい部門
・おしぼりの法則
介護する人が一方的に拭くだけでなく、2本のうち1本は本人へ。
・ファスナーをプラスティックのものに交換
おしっこのきれが悪くなる尿失禁があると、ズボンの前ファスナーがさびてくるので、プラスティックのものに取り替えれば安心。
住まい部門
・夜に光る手すり
手すりに蓄光テープを張ると夜間も安心。
認知症とおつきあい部門
・昔の名刺
迷子になった時用の名札を拭くにつける代わりに内ポケットに名刺を携帯させる。昔の名刺には「元」と小さく書き足す。
・お毒見役
「おかずに毒を盛られた」と訴える時は、毒見をして安心させてから食べてもらう。
どれも秀逸なものばかり。ここで紹介したのは7つだけだが、全部で100個あるので、興味ある方は購入してみては?昔の号の雑誌だが、今となっても色あせないアイディアばかりだ。

PRエリア