【書評79】かいごの学校2007年4月 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

【書評79】かいごの学校2007年4月

2008年12月27日18時59分

ソーシャルブックマーク

印刷 

かいごの学校 2007年 04月号 [雑誌]
かいごの学校 2007年 04月号 [雑誌]
日本医療企画 2007-03-16
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
息子や夫が母親や妻を介護する場合は、異性であることで戸惑うこともあるだろう。この本の中の「よろず相談」の中ではそんな事例が紹介されていた。
肌が露出していまう場面では特に注意が必要で、肌が露出したまま放置することなどがないように、常にバスタオルをそばに用意しておくのだという。また、高齢女性の場合、ちょっとしたことで骨が折れやすくなっているので、転倒などの事故に気をつける必要もある。オムツ交換時に骨折することなどもあるというのだ。大意変換や介助の際は無理な力を加えないように、手のひらで支えるようにするといいとのこと。
耳の遠い祖母と話すコツも紹介されていた。相手の近くで、ゆっくり近い声で、ジェスチャーを加えて話す、というのがコツ。耳元で大声で叫ぶのがよいとされていたが、実は違うのだ。
はっとするようなコツがたくさん掲載されているこの本は非常に興味深かった。

PRエリア