【書評81】かいごの学校2007年8月号 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

【書評81】かいごの学校2007年8月号

2008年12月27日19時25分

ソーシャルブックマーク

印刷 

かいごの学校 2007年 08月号 [雑誌]
かいごの学校 2007年 08月号 [雑誌]
日本医療企画 2007-07-14
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
不良介護者のススメという記事が面白かった。介護をしていて、実は一番大切なのは「介護する人のケア」。その人がつぶれてしまったら、共倒れになってしまう危険があるからだ。かといって、多くの人は世間の目を気にする。
しかし、そんな人に野原すみれさん、牧野史子さんの二人は断言する。
いい嫁をやめて、自分をメンテナンスしましょう。/野原すみれさん
休むことも私の仕事と、周囲にアピールしましょう。/牧野史子さん
なんとも頼もしい姉貴分だ。
発言はどんどん過激になっていく。疲れたらストライキすればいい、と言ったり、不良でいいといったりする。この記事を読んでいるだけで多くの介護者はストレスが発散出来ると思う。
もちろん、実践的なアドバイスも。
たとえば、休みをとれるようにすうために、お盆や正月など親戚が集まって機嫌のいい頃に、今後長引くと思うから知恵を貸してくれと夫に相談する。子供たちと話し当番制に切り替える。キッチンタイマーを定期的にならし、その時間からは休むサイクルを作るなど。
介護をただ頑張るだけではなく、もっと長期的視野に立ち、継続性を高めるに越したことはない。その手段の1つに「休む」という行動は重要だろう。

PRエリア