【書評84】ひと工夫、わが家もバリアフリー―一〇〇円ショップ、ホームセンターでここまでできる (シリーズ・高齢期 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護のお役立ち本 > 【書評84】ひと工夫、わが家もバリアフリー―一〇〇円ショップ、ホームセンターでここまでできる (シリーズ・高齢期

【書評84】ひと工夫、わが家もバリアフリー―一〇〇円ショップ、ホームセンターでここまでできる (シリーズ・高齢期

2008年12月27日20時07分

ソーシャルブックマーク

印刷 

ひと工夫、わが家もバリアフリー―一〇〇円ショップ、ホームセンターでここまでできる (シリーズ・高齢期介護の現在)
ひと工夫、わが家もバリアフリー―一〇〇円ショップ、ホームセンターでここまでできる (シリーズ・高齢期介護の現在)阿部 祥子

ミネルヴァ書房 2007-06
売り上げランキング : 473836


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
100円ショップは可能性の宝庫だ。しかし、たいてい目的に合わせていくので、意外と見ていないコーナーも多いかもしれない。それは勿体無いので、こういう本は貴重だ。
この本の中で面白かった活用事例をいくつか。
1)握力の補助
ドアを簡単に開けられる「ドアノブレバー」という商品がある。これを使えば、「レバーハンドル方式」に簡単に変身させることが出来る。
2.テーブルの角にクッション
テーブルの角に頭をぶつけた、なんていう事故が起きるのを防ぐグッズも売っている。安全クッションだ。色も選べるので、あえて目立つ色にして注意喚起することも出来る。
3.滑り止めネット
フローリングの床で転ぶ、ということもある。転ぶと寝たきりになってしまう可能性がすごく高いのが高齢者の特徴。滑りづらくしておく工夫は重要だ。この観点でも100円均一は助けてくれる。
もちろん、リフォームはプロに任せるという判断もあるが、このご時勢、少しでもお金は浮かしたいもの。100円均一で済ませるのであれば、お得だろう。

PRエリア