【書評86】介護をこえて 高齢者の暮らしを支えるために/浜田きよ子 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

【書評86】介護をこえて 高齢者の暮らしを支えるために/浜田きよ子

2008年12月27日20時21分

ソーシャルブックマーク

印刷 

介護をこえて ~高齢者の暮らしを支えるために (NHKブックス)
介護をこえて ~高齢者の暮らしを支えるために (NHKブックス)浜田 きよ子

NHK出版 2004-01-30
売り上げランキング : 79227


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「介護」という言葉をつけると急に難しいテーマのような気がしてしまうが、介護とは日常生活の連続だ。ただ、いつもと違うのはカラダがうまく動きづらい状態にいる、ということ。
たとえば、座ったら立つのが大変、という人の相談がこの本には載っていた。そういう小さなことが介護においては重要なテーマだ。こういうちょっとした不満を取り除けないと、どんどん筋力を使わないことになれてしまう。そうすると、筋力低下して寝たきりになりやすい。
しかし、著者の浜田きよ子さんは道具を教えた。立ち上がりを補助してくれるクッションだ。なんと、立ち上がるときにクッションがウイーンと動き、補助してくれるのだ。
これがあるおかげで、簡単に立ち上がれるようになり、生活がしやすくなる。
介護とは、日常生活の連続と書いたのはそういう意味で、日常生活の連続になっていないと本当はおかしいのだ。ベッドの上で寝ているだけ、とか、そういうのはすでに不自然。
被介護者がしたいように、今までどおりに生活を送るのが、残存能力の活用の原点。この本でさまざまな道具を仕入れて、日常生活を思ったようにすごす人が増えればいいなと思う。

PRエリア