【書評91】新編 老人介護の安心百科―介護者の悩みと不安にこたえる本 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

【書評91】新編 老人介護の安心百科―介護者の悩みと不安にこたえる本

2008年12月30日14時11分

ソーシャルブックマーク

印刷 

新編 老人介護の安心百科―介護者の悩みと不安にこたえる本
新編 老人介護の安心百科―介護者の悩みと不安にこたえる本主婦と生活社

主婦と生活社 2002-05
売り上げランキング : 500076


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
あらゆる介護のコツが掲載されているこの本。特に個人的に興味深かったのは、終末期医療時の介護のポイントが掲載されていたことだ。
まず、精神的に孤立していると終末の苦痛強まるのだという。そのため、「対話とスキンシップが大事
」だという。
同時の起きやすい心の変化がある。「事実を否定する」「怒る」「妥協する」「抑鬱状態」「受容する」というような心の変化があるという。
たとえば、せめて娘の結婚式までは生きていたいという「妥協」。絶望感で心が沈むという「抑鬱状態」、介護者自身が最期を遂げることを認め抵抗感を克服する「受容する」。
また、コミュニケーションのポイントは相手は亡くなることを受け入れているということ。その話題も恐れずに「亡くなりませんよ」などの嘘はつかないほうがいい。しかし、「そうですね」とも言わないのがポイントだ。
では、どうすればいいか。「亡くなられては困ります 寂しいですよ」というのが実例だという。難しい終末期医療の現場での介護。こういった本を読めば少しは不安が和らぐかもしれない。

PRエリア