【書評92】親が60歳になったら読む本―同居・健康・夫婦仲から退職・年金・相続まで、オヤジ・オフクロとつきあう基 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護のお役立ち本 > 【書評92】親が60歳になったら読む本―同居・健康・夫婦仲から退職・年金・相続まで、オヤジ・オフクロとつきあう基

【書評92】親が60歳になったら読む本―同居・健康・夫婦仲から退職・年金・相続まで、オヤジ・オフクロとつきあう基

2008年12月30日14時15分

ソーシャルブックマーク

印刷 

親が60歳になったら読む本―同居・健康・夫婦仲から退職・年金・相続まで、オヤジ・オフクロとつきあう基礎知識
親が60歳になったら読む本―同居・健康・夫婦仲から退職・年金・相続まで、オヤジ・オフクロとつきあう基礎知識親が気になる年頃ネットワーク

情報センター出版局 1996-09
売り上げランキング : 729271


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この本はすごく面白かった。親の青春年表という「0歳からの出来事や性格的特徴」がまとめられた年表がある。
その生活的特徴が面白い。たとえば、以下のような感じだ。
・早食い
・絶対白米
・男と女を意識しすぎる
・アクション映画好き
・巨人=強い印象が捨てられない
・漫画のレベルをみくびってる
・イカしてると言うと密かに喜ぶ
・電気をマメに消す
・閑職を楽チンだと喜べない
・激動の昭和という言葉が好き
・いつまでも頼られる親でいたい
こんな特徴が並ぶ。そんなプロファイル分析があった上で、本は還暦祝いに送って喜ばれるものなど、実際のアンケートを元にした文が並ぶ。たとえば、還暦祝で喜ぶのは、家族旅行で子供が出すことを期待しているのだという。この本はかなり新鮮な切り口が多く、ためになった。もっと、広まればいいのに、と思う本である。

PRエリア