【書評98】やる気が出ないとき読む本 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

【書評98】やる気が出ないとき読む本

2008年12月30日17時03分

ソーシャルブックマーク

印刷 

イラストでわかる やる気が出ないとき読む本 (イラストでわかる-Illustrated Guide Book Series-)
イラストでわかる やる気が出ないとき読む本 (イラストでわかる-Illustrated Guide Book Series-)菊入 みゆき

東洋経済新報社 2001-07
売り上げランキング : 93539

おすすめ平均 starstarやる気がでる本ではありません。
star読んでいて元気にはなりますが
starやる気があるうちに!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この本は漫画がついていて、読みやすかった。しかも、チェックリストで自己分析が出来るので、その人のタイプに合わせたやる気の出し方が具体的に紹介されている。
また、やる気がまったくでないという人は今が谷底型の人が多いのだという。著者は「あ、すばらしいですね。」と話すという。再生のチャンスだというのだ。
介護生活においてもそういう気持ちの人は多いかもしれない。しかし、「いつ終わるか分からない」介護生活で安易に「ここからあがるだけです」なんていうコメントでは安心出来ない人も同時にいるだろう。
この本で言うのは、もう1つ。「人が今感じているつらさは誰にも分からない」ということ。そういう経験をした人だとしても、もう過ぎ去った日々のことは共感するのがすごく難しいのだ。
介護において一番癒しとなるのは、「ありがとう」という言葉だと思う。事実、以前、弊社で調査をしたら
そういう結果が最も多かった。
やる気のメカニズムを著書で仕入れながら、ありがとうが増えていくような生活を家族みんなと連携しながら、送れるといいですね。

PRエリア