ニッポン高度紙工業と提携、介護ソフト会社継承・・・NDソフトウェア - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > ニッポン高度紙工業と提携、介護ソフト会社継承・・・NDソフトウェア

ニッポン高度紙工業と提携、介護ソフト会社継承・・・NDソフトウェア

2009年01月30日15時23分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞1月25日号)
介護ソフト大手のNDソフトウェア(山形県南陽市)は、昨年12月ニッポン高度紙工業(高知県高知市)との間で、介護ソフトシステムの導入及び保守・運用サービスの提供などに関して業務提携を行った。
 ニッポン高度紙工業は電気絶縁用セパレータやコンデンサー用セパレータの開発・販売が主業務だが、介護・福祉・医療関連ソフトの企画・開発・販売も手がけている。ただし、ソフト事業については来年3月末を目処に廃止する計画であることから、現在の同社ソフトユーザーに対し、それに替わる新たなシステムの導入、保守・運用サービスの提供の必要性が生じていた。
 今回の業務提携は、新たなサービスの提供元を探していたニッポン高度紙工業と、四国地区での営業基盤拡大を図りたいNDソフトウェアの考えが一致したもの。既にシステム移行の準備作業には着手しており、5月中旬にユーザーへのシステム移行作業の説明を行う。移行作業開始は今年8月中旬より行い、来年1月 31日には全ての作業を完了させる計画だ。
 なお、既存ユーザーがNDソフトウェアに対して支払うべき、新システム導入に関する費用についてはニッポン高度紙工業側が全額を負担する計画だ。
 一方、NDソフトウェアはユーザーの紹介等に関し一定の販売委託報酬をニッポン高度紙工業に支払う。

PRエリア