転倒・転落予防システム共同開発・・・パラマウントベッド/ケアコム - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 転倒・転落予防システム共同開発・・・パラマウントベッド/ケアコム

転倒・転落予防システム共同開発・・・パラマウントベッド/ケアコム

2009年03月06日01時04分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年2月15日号)
 パラマウントベッド(東京都江東区)とケアコム(東京都調布市)は、ベッド内蔵センサーと、ナースコールの連携による転倒転落予防ソリューションシステムを共同開発した。先月末より販売を開始している。
 このシステムは、パラマウントベッドのベッド内蔵式離床センサー「離床CATCH」と、ケアコムの患者情報一元管理システム「ナースコールNICSS」を連携させたもの。これにより、転倒・転落リスクの高い患者の在床・離床をナースステーションで把握することが可能となった。また、患者が離床動作に入った場合には、その患者の氏名・部屋番号・ベッド番号が、看護師のPHSに通知される。
 両社は「病棟勤務の負荷軽減につながり、看護師不足の改善にも寄与する」として、医療機関へ積極的に提案していく考えだ。

PRエリア