尿吸引ロボ発売、共同出資会社で・・・ユニ・チャーム/日立製作所 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 尿吸引ロボ発売、共同出資会社で・・・ユニ・チャーム/日立製作所

尿吸引ロボ発売、共同出資会社で・・・ユニ・チャーム/日立製作所

2009年03月06日01時13分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年3月5日号)
 ユニ・チャーム(東京都港区)は、3月2日、日立製作所(東京都千代田区)と共同で、介護用品・健康支援用品の販売を目的とする新会社「ユニ・チャーム ヒューマンケア」を設立した。
 ユニ・チャームは、昭和63年に大人用紙オムツ「ライフツリー」を発売し、介護用品事業へと参入した。さらに8年前から、日立のマイクロポンプ技術と、ユニ・チャームの吸収体技術を融合させた「自動採尿システム」の共同研究を行っており、一昨年春には試作品を発表している。
 今回、機能を強化させた尿吸引ロボ「ヒューマニー」の実用化に成功したことから、この販売を目的に新会社を設立することになったものだ。
 新会社は、資本金3億円。出資比率はユニ・チャームが66%、日立製作所が34%、代表にはユニ・チャームHUMAN推進部長の白井光比呂氏が就任する。本社は港区高輪におく。
 来月上旬には、自動採尿システム搭載の尿吸引ロボ「ヒューマニー」の発表を行い、5月中旬には販売をスタートさせる予定だ。

PRエリア