介護保険料月額平均4160円・・・厚生労働省調査 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

介護保険料月額平均4160円・・・厚生労働省調査

2009年05月08日13時42分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年5月5日号)

 厚生労働省は、4月23日、第4期(平成21~23年度)の介護保険料に関する全国市町村の動向調査結果を発表した。それによれば、全国の平均額は月額4160円で第3期に比べ1・7%のプラスとなった。第1期から連続してプラスとなったが上昇率については過去最低となった。

 第3期と第4期の保険料を比較した場合、上昇している保険者は全体の約55%となる902保険者。据え置きが323、引き下げが403保険者となっている。

 保険料基準額を500円ごとの分布状況で見ていると、最も多かったのは「3501円以上~4000円以下」で全体の34・3%、次いで「4001円以上~4500円以下」で31・0%。この2つで全体の3分の2を占めている。

 都道府県別平均で見てみると、最も高いのは青森県の4999円。以下沖縄県(4882円)、徳島県(4854円)、長崎県(4721円)、石川県(4635円)。

 一方、最も低いのは千葉県の3696円。以下福島県・茨城県(3717円)、埼玉県(3722円)、栃木県(3730円)の順。

 一番高い青森と一番安い千葉では年間で1万4000円以上の差が生じる計算になり、この負担の差が問題になることも考えられる。

PRエリア