エール 施設向けカラオケDVD 新作発売 一般家庭へも販売好調 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > エール 施設向けカラオケDVD 新作発売 一般家庭へも販売好調

エール 施設向けカラオケDVD 新作発売 一般家庭へも販売好調

2009年05月13日12時37分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年5月5日号)

介護施設向け映像作品を制作・販売するエール(横浜市)が、この3月末に発売したカラオケDVD「懐かしの名曲集 Vol.1」の売れ行きが順調だ。介護施設でのレクリエーションなどで利用できる同商品だが、一般家庭への販売も手伝い、100枚近くが売れている。
 「懐かしの名曲集 Vol.1」はエールが出す高齢者向けDVDの最新作で、同社7タイトル目の作品。
これまで童謡や唱歌のカラオケDVDは出してきたが、”懐かしい流行歌”を収録する今作品は新シリーズ第一弾の位置づけだ。
日本音楽著作権協会(JASRAC)が管理する名曲全10曲を収録している。
収録曲は、戦後混乱期の爆発的ヒット曲「リンゴの唄」や、1977年に発売されて以降ロング・ヒットを記録した千昌夫のシングル「北国の春」をはじめ、「みかんの花咲く丘」、「花」、「靴が鳴る」、「夏の思い出」など。
 カラオケ画面上で表示する歌詞は、所々に旧字体を使用。また一般カラオケDVDと異なり、歌詞の文字を横列ではなく縦列として表示することで、「高齢者が歌いやすいようにした」(高浦吉史社長)。加えて高齢者向けに、ゆっくりとしたテンポにしている。
 曲に合わせ、歌詞の背景に流れる風景写真は、全てエールが撮影。日本の自然の映像を流れるようにしている。
 本作品は約28分。2900円。


参考リンク:エール 施設向けカラオケDVD 最新作発売 美空ひばりの名曲など収録
      :エール 消臭・防虫、500円で2週間 天然精油成分”森林浴”の香り

PRエリア