介護給付費分科会 調査実施委員会 第1回が開催 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

介護給付費分科会 調査実施委員会 第1回が開催

2009年05月15日00時24分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年5月5日号)

2009年度に入った先月から、新しい報酬単価が適用されることとなった介護報酬。
この改定に併せ、社会保障審議会の介護給付費分科会に「介護報酬改定の結果の検証および次期介護報酬改定へ向けた議論へつなげていく」ことを目的に設置された調査実施委員会が先月末、開催された。
 検討内容は「介護報酬改定の検証について」と「介護次号経営実態調査などについて」、「その他」。
 介護スタッフ人材確保のために実施された今回の報酬改定で、実際に介護スタッフの処遇改善につながっているかなどについて、
今後も引き続き検討する。調査実施委員会のメンバーは6名。
 龍谷大学教授の池田省三氏をはじめ、慶応義塾大学教授の田中滋氏、日本社会事業大学教授の村川浩一、東京大学特任准教授堀田聰子氏、日本社会事業大学準教授の藤井賢一郎氏、独立行政法人・福祉医療機構経営支援室経営企画課長の千葉正展氏。
 今後の調査実施委員会の議事は公開していく。調査結果については、介護給付費分科会に報告することとなる。

PRエリア