オージーエー スクワット運動マシン 新型新種の販売を開始 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > オージーエー スクワット運動マシン 新型新種の販売を開始

オージーエー スクワット運動マシン 新型新種の販売を開始

2009年05月20日17時22分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年5月15日号)

健康機器メーカーのオージーエー(東京都大田区)は、屈伸運動具「ステッキレス」の新商品「DriveⅢ」2タイプの販売を2009年5月14日よりスタートさせた。
 この「ステッキレス」は、スクワット運動を椅子で支えることで、身体に負担をかけずに筋力向上が図れるトレーニングマシン。
高齢者の転倒予防トレーニングや治療回復期のリハビリテーションに役立つ。
トレーニングは週に2~3回、1回15分程度で効果を発揮するという。
 今回発表となった「DriveⅢ」は、利用者の体重と身長をセットするだけで、適切な運動条件を自動で設定するのが大きな特徴だ。
これにより自主的なトレーニングを行いやすい環境を整え、介護職員などの負担を大幅に軽減することが可能をなる。
 当面は、同社の地元である東京都大田区に限定し、医療機関や介護施設、健康センター、スポーツクラブなどに提案を行っていく考えだ。

PRエリア