データで見る シニア住宅市場 高齢者住宅・施設数140万戸に - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > データで見る シニア住宅市場 高齢者住宅・施設数140万戸に

データで見る シニア住宅市場 高齢者住宅・施設数140万戸に

2009年05月30日12時05分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年5月25日号)

タムプランニングアンドオペレーティング(東京都千代田区)は、2009年5月18日、有料老人ホームなどの高齢者向け住宅・施設の開設状況に関する全国統計の結果を発表した。それによれば、ホーム数は3万2094、居室数は140万9345で、2008年11月13日に発表したデータに比べると、ホーム数で731、居室数で2万7419増加した。
 これを施設タイプ別で見てみると、前回の発表より増加が著しいのは住宅型有料老人ホームで、居室数ベースで20%以上増えている。一方、無届け有料老人ホームは4%ほどであるが居室数を減らしており、無届けホームが住宅型として届け出を行っていることがうかがえる。
また高専賃も20%以上居室数を伸ばし、3万戸に迫る勢いとなっている。
 有料老人ホーム、無届けホーム、分譲型ケア付マンションを対象とした事業者別の供給戸数ランキングでは、メッセージ、ベネッセスタイルケア、ベストライフがトップ3で前回と変わらず。
また、1000室以上を運営する事業者は前回は20だったが、今回は21となっている。

高齢者住宅・施設(一部抜すい)

高齢者住宅・施設(一部抜すい)

PRエリア