アルビレックス新潟 はあとふるあたご 施設利用者をJ1試合に招待 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > アルビレックス新潟 はあとふるあたご 施設利用者をJ1試合に招待

アルビレックス新潟 はあとふるあたご 施設利用者をJ1試合に招待

2009年06月10日12時40分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年6月5日号)

Jリーグのアルビレックス新潟は、同クラブのアドボードスポンサー、はあとふるあたご(新潟市中央区)が運営する介護施設使用者を、ホームゲーム時のプレミアムビューボックスへ招待する「はあとふるあたごスカイボックス」を実施する。
 この取り組みは、クラブと介護事業者との地元を挙げた一体感を高めていこうとするもの。
施設利用者は、見晴らしのよいテラス付きの個室観覧席「プレミアムビューボックス」から、サッカー観戦の臨場感を楽しめる。
招待する対象試合は、2009年6月3日(水)の横浜F・マリノス戦(Jリーグナビスコカップ予選リーグ 第5節)など。
 参加費は1組(2名)で1000円(税込、昼食付き)。
はあとふるあたごは、新潟県内で、在宅介護サービスからグループホーム、住宅改修など幅広い介護サービスを提供する事業者。
11拠点、20事業所を展開する。

 

PRエリア