ツクイ デイ好調持続、3期連続の増収増益 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

ツクイ デイ好調持続、3期連続の増収増益

2009年06月11日14時11分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年6月5日号)

ジャスダック上場のツクイは2009年5月22日、東京証券取引所にて平成21年3月期の決算発表を行った。
在宅介護、有料老人ホーム、人材開発の各事業を柱に、売上高20.5%増、営業利益32.4%増、経営利益29.1%増と増収増益を達成。デイサービス(DS)事業が好調に推移、業績に寄与した。
今期(平成22年3月期)も増収増益基調を維持する計画だ。
 売上高は361億円。内訳はDSを中心とする在宅介護が8.5%増の258億円、有料老人ホーム事業が64.1%増の39億円、人材派遣などの人材開発が69.5%の63億円。
 営業利益は16億3600万円。DSの営業利益18億6200万円が他の事業の損失を埋めた。
在宅介護に比べ実績の少ない有料ホーム、人材開発の利益率も前年度決算から改善基調だ。
 昨年度の出店実績はDSが併設含め35ヵ所、グループホーム(GH)が1ヵ所、有料ホームが併設を含め2ヵ所、人材開発が24ヵ所合計61カ所。
移転・統廃合が訪問介護で8ヵ所あり純増は53ヵ所。全体の事業所数は441ヵ所、全国47都道府県をカバーする。
 主なサービスの事業所数は併設含め、DSが248ヵ所、訪問介護が83ヵ所、GHが28ヵ所、有料ホームが18ヵ所。
 人材派遣の登録者数は現在1万1500人、稼動スタッフは2600人、取引先施設数は1600件ほど。
今年度の新規出店はなく、既存67支店の基盤を強化するとともに、収益率の高い人材紹介事業を拡大。
今年2月に開設した求人サイト事業にも注力する。
 今期は売上高430億円、営業利益18億円、経営利益16億円を見込む。
DSが49ヵ所、有料ホームを3ヵ所開設する予定。
 「今後も当面デイサービスを中心に年間50ヵ所程度は新規開設していく計画」(津久井督六社長)

参考リンク:大手介護事業者四半期決算、業績に明暗
      :ツクイ 決算情報

PRエリア